チアシードとバジルシードの違い

チアシードはスーパーフードとしてもう定着しつつあるようです。

マックスバリューなどのスーパーマーケットでも購入することが出来ますし、1000円も出せば購入可能なほど価格も手ごろになりました。一昔前ならインターネットや一部の店舗でしか手に入らなかったチアシードもすっかりと市民権を得たように感じます。

 

さて、チアシードと同じような用法で使えるもっとすごいスーパーフードがあるのをご存知ですか。それは…バジルシードです。

 

「バジルシードって??トマト料理の時に使うハーブのバジルと何が違うの?」

同じ植物ですが料理で使うのはバジルの葉の部分でバジルシードは文字通り、そのバジルの種の部分です。それがどうしてスーパーフードかというと、栄養素に優れているからです。必須アミノ酸を含んでいるのはチアシードと同じで、脂肪を燃焼させてくれる効果もあります。チアシードとは違う点は、水に入れた時にチアシードは30分で10倍に膨れるところ、バジルシードは30分で30倍に膨れます。つまり水につけた時に少しの量でたくさん膨れてくれるのがバジルシードなのです。

 

バジルシードはまだまだ日本では一部の人にしか広まっていないですが、(なんせ今はチアシードが追い風ですよね)でもアメリカではセレブの間でバジルシードもすっかり定着しています。健康にとても気を使う事で有名なミランダ・カーもそんなバジルシードの魅力にはまったうちの一人なのだそうです。そういえば、ミランダ・カーはバジルシードもグリーンスムージーもココナッツオイルも日本に広めた立役者ですよね。ミランダ・カーのあのキュートな顔とスタイルに憧れる日本人はたくさんいます。だから「ミランダがしている美容法なら・・」と日本人女性もミランダ・カーの美容法をマネするのです。ミランダ・カーは実は子持ちのママ。それなのにあの可愛さは凄いですよね!綺麗になりたい誰しもが、ミランダ・カーの美容法をマネしたくなるのも自然な事なのかもしれません。

http://xn--cckem2d2bdt4be32c3871ajn8b.com

 

美容によい成分は健康にもいい

夏の暑いこの時期は日焼けしますよねー。

独身女性なら日傘に日焼け止めに・・・と涼しく過ごせるように思いますが、子持ちのママや忙しい主婦はそんな風に自分にかけられる時間が少ないのです。だから日傘をさすことはおろか、日焼け止めさえも塗る時間が無い・・・そんなことは日常茶飯事です。「女」を捨てている・・・といわれそうですね。

 

でもそんな忙しい女性でも美容には気を使っている方がもちろん沢山いらっしゃいます。美容成分の入ったサプリメントを摂取している方もとても多いですよ。この記事のタイトルにもあるように、美容成分と健康に良い成分の入ったサプリメントは市場に溢れています。だからその中から自分に合ったものを選んで、忙しい毎日でけれど、サプリメントを飲んで健康と美容に努める・・・そんな方はたくさんいらっしゃいます。この時期にお勧めなのが、やはりビタミンCが入ったものです。

 

日焼けは本当にお肌に良くありません。シミ・ソバカスの原因になるだけでなく、肌の乾燥にもつながります。肌の乾燥は…もう肌荒れの的です!!乾燥がアレルギーの原因になったり、湿疹を引き起こしたりするのです。肌の保湿を考える時に肌の乾燥は絶対に良くありません!肌荒れの防ぐ意味でもビタミンCをこの時期に取ることは大切な事です。皮膚科でもシミ・ソバカスを薄くするならビタミンCの豊富な食品を食べなさい、と勧められます。また風邪の症状の時にもビタミンCの粉末を飲むように指示されることも。ビタミンCは美容と健康にとても良いものです。ビタミンAと違い、取り過ぎても弊害が無い、といわれていますのでこの時期は特にビタミンCを良く取るようにしましょう。食品ではイチゴ、キウイフルーツなどに良く含まれています。もちろんレモンにも良く含まれていますよ。サプリメントは様々な会社から出ていますので、購入しやすいものを選んでくださいね。

 

健康と美容に良い食品成分はビタミンC以外にもたくさんあります。むしろ美容に良いものは健康にも良い、といっても過言ではありません。健康と美容に良いものはそれほど密接に関係しあっているという事です。

 

健康効果に期待!スーパーフード

 

 

今話題のスーパーフード!さて、その定義とはなにでしょうか?

 

  1. 栄養バランスに優れ、一般的の食品より栄養価が高い食品であること。あるいはある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれている食品であること。
  2. 一般的な食品とサプリメントの中間に来るような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途を併せ持つ」食品だそうです。

(一般社団法人 日本スーパーフード協会JSAホームページより)

 

つまり栄養素だけを考えたのならサプリメントでも健康維持に一役買ってくれますが、それに料理が出来るなどの+α、食品それ自体の栄養素が高い食品の事をスーパーフードとよぶようですね。日本スーパーフード協会が例として挙げているスーパーフードには

 

スピルリナ

マカ

クコの実(ゴジベリー)

カカオ

チアシード

ココナッツ

アサイー

カムカム

ブロッコリースーパースプラウト

麻の実(ヘンプ)

 

などが挙げられています。

これらの食品、結構知っているものが多いですよね。スピルリナはアメリカではパウダー状になっているものを朝食に取る方が沢山いらっしゃいますし、アサイ―も日本ではヨーグルトと一緒に食べたり、そのような食品が売られています。クコの実も昔からある物。チアシードも今話題のスーパーフードですよね。この中で一つ「カムカム」という食品ですが、これはフトモモ科の常緑低木です。ペルーなどの熱帯雨林に生えています。この果実はサクランボのような赤紫をしていますが、実には100gあたり約2800㎎のビタミンCを含み、これはレモン果汁の50~60倍の値を示します。これ以外にも必須アミノ酸のバリン、ロイシン、セリンやフラボノも多く含んでいます。日本ではあまり聞かない「カムカム」ですが、清涼飲料やアイスクリーム、菓子などに使われているそうです。カプセル化したものや粉末状にしたものがスーパーフードとして先進国で健康食品として売られているそうです。日本でも話題になる日が近いかもしれません。

 

食べて元気になるスーパーフード。まだ試していない方がいらっしゃったら、ぜひ試してみて下さいね。